Instagram API を使うには?登録する方法・使い方。

Instagram API を使うには?登録する方法・使い方。

Instagram のAPIを使用するためには、Instagram側でいろいろと登録することが必要なのですが、登録ページは中途半端に英語になっており、英語や、そもそもAPIが苦手な人にとっては、少し難しく感じてしまうかもしれません。

本記事では、できるだけわかりやすく、Instagram のAPI使用のための登録の流れを紹介したいと思います!

「Instagram Developpers」にアクセス

まずは、以下の「Instagram Developpers」のページにアクセスします。

Instagram Developer Documentation

※ Instagram にログインしていない場合は、ログインしてから再度アクセスしてください。

デベロッパー登録

「Instagram Developpers」のページにアクセスできたら、次のような画面になるかと思います。

「Register Your Application」ボタンを押します。

「ウェブサイト」の部分は、ご自身のWebサイトがあれば、そのURLでいいかと思います。ない場合は、適当なURLでも良いようです(ここだけの話、「http://localhost」などでもOKでした)。ただし自己責任でお願いします。

また、「What do you want to build with the API?」の部分も、それなりで大丈夫なようです。上の画像のように入力しても、僕の場合は大丈夫でした。

入力したら、「Sign up」ボタンを押しましょう。

新規クライアントを登録

次は、ヘッダーメニューの「Manage Clients」をクリックしてください。

以下のような画面になります。

「Register a New Client」ボタンをクリックします。

上のような画面になるかと思いますが、必須項目としては4つです。

  • Application Name
    • アプリ名(サイト名)
  • Descripton
    • アプリ(サイト)の説明
  • Website URL
    • サイトURL(現在持っていない場合は、「http://google.com」などとしておいても良いと思います。)
  • Valid redirect URIs
    • 上と同じで大丈夫です

ロボット対策にチェックを入れて、「Register」ボタンを押しましょう。

上の画面のようになれば、登録が完了です。

アクセストークンの取得

次に、アクセストークンを取得します。

今回は「Client-Side (Implicit) Authentication」という認証方法でアクセストークンを取得しますが、デフォルトでは無効になっているので、それを有効にする必要があります。

先ほど登録したクライアントの、「MANAGE」ボタンを押します。

上記の、「Disable Implicit OAuth」のチェックを外します。これで、「Update Client」ボタンを押します。

次に、以下のURLにブラウザでアクセスします。「CLIENT-ID」は、先ほど取得した「CLIENT ID」に置き換え、REDIRECT-URIは、 「Valid redirect URIs」で指定したURLに置き換えてください。

https://api.instagram.com/oauth/authorize/?client_id=CLIENT-ID&redirect_uri=REDIRECT-URI&response_type=token

アクセスすると、初回は次のような画面が出てきます。

「Authorize」を押すと、リダイレクトされ、その先のURLの末尾に「#access_token=XXXXXX」という具合にアクセストークンがついて表示されるので、このアクセストークンを、大切に保存してください。

APIを叩いてみる

さて、いよいよAPIを叩いてみます。今回は試しに、ユーザー情報を取得するAPIを叩いてみます。

ブラウザで、以下のURLにアクセスしてみましょう。「ACCESS-TOKEN」は、先ほど取得したアクセストークンに置き換えてください。

https://api.instagram.com/v1/users/self/?access_token=ACCESS-TOKEN

正しく実行されれば、json形式の、ユーザー情報が表示されるはずです。

表示されましたか?

他のAPIについては、以下のページをご覧ください。

API Endpoints • Instagram Developer Documentation

まとめ

Instagram のAPIは、他のSNSのAPIに比べても、少し難しく、その上制限が厳しいような印象でした。また、Instagram のAPIは廃止されるという情報もあるため、あまり本腰を入れて開発を行うことは避けたほうが良さそうですね…